αリポ酸の動脈硬化予防効果

血液をさらさらにそして丈夫でしなやかに保つ

40歳以上の大多数に見られる動脈硬化は血管の老化現象です。これは、LDL(悪玉)コレステロールがたまって、血管の内側がどんどん狭くなり、動脈の壁も弾力を失い、硬くもろくなってしまうことをいいます。最近では不規則な生活や、食生活の乱れによって、20代からこうした症状がはじまっている人もいるそうです。まだ若いからといって健康に気をつかわず、無理な生活をしている人はとくに注意が必要でしょう。
動脈硬化をなぜ予防しなければならないのかといいますと、自覚症状がないためにそのままの生活を続けてしまいがちだからです。
これでは、そのうちに症状が進行して、心不全や脳卒中を引き起こす可能性もでてきてしまいます。
動脈硬化は、喫煙や不規則な生活習慣によって体内に増える活性酸素が、LDL(悪玉)コレステロールを酸化して、それが血管壁に付着することから起こります。ですから、これを予防するためにも、αリポ酸を摂取して体内の抗酸化ネットワークを強力に維持する必要があります。
αリポ酸の効能、効果には「老化予防」の項目がありますが、動脈硬化は、こうした老化現象の初期段階といえるでしょう。αリポ酸の抗酸化パワーで血液をサラサラに、血管をしなやかに保つことが、老化を防ぐベストな方法です。

LDLコレステロールが血管をダメにする

ではLDLは活性酸素によって過酸化LDLに変質し体に害を及ぼしてしまう原因になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください