αリポ酸のガン予防効果

有害遺伝子の活性化を抑制してがんを強力に予防

厚生労働省の人工動態統計によると日本人の死亡原因の第1位はがんで30.5%にも及んでいます。国民の死亡率のうちおよそ30%台もの人ががんにより死亡しています。国民の死亡率のうち、約3割ががんということになるともはやがんは喫煙者だけのものではありません。
国民全体で注意しなければなりません。
がんが引き起こされる原因として活性酸素の影響が指摘されています。これはまさにαリポ酸の働きが効力を発揮する大事な場面となります。
その強力な抗酸化作用で活性酸素を除去するのでαリポ酸はがん予防に非常に効果的といえます。
その強力な抗酸化作用で、活性酸素を除去するので、αリポ酸はがん予防に効果的といえるでしょう。
さらに、αリポ酸には、有害な遺伝子の活性化を抑制する働きもありますっもともと体内には、正常な遺伝子だけでなく、有害な遺伝子も存在しますが、これらは活性化しなければ何の問題も起こりません。それでは、どのようにして有害遺伝子が活性化してしまうのかといいますと、ここでも不規則な生活や食生活、ストレスなどによって0生まれる活性酸素が関係してきまま活性酸素は有害遺伝子を刺激して活性化させて、がん細胞を生みだします。
これが急速に成長して正常な細胞をむしばみ、がんが進行していくというわけです。αリポ酸は、このような有害遺伝子の活性化を抑制したり、強い免疫力再生能力があるため、がん予防や健康維持効果が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください