αリポ酸のダイエット効果

食欲抑制、褐色脂肪組織を活性化させやせやすい体に

αリポ酸は中年太りやダイエットに効果があると注目されていますがこのことは専門機関によってさまざまな実験によっても証明されています。ダイエットの研究に力を入れている原料メーカーが行った実験ではあるを加えることで脂肪細胞と内包油滴のサイズが縮小するという結果がでました。脂肪細胞とはその言葉どおり、脂肪をためこむ場所。そのサイズが小さくなったということはダイエット効果が期待できるということです。
さらにほかの実験でも興味深い結果がでています。脂肪細胞の中には余剰な糖分を脂肪につくり変える酵素が存在しているのですが、αリポ酸にはこの酵素の活性を阻害する働きがあることがわかったのです。
つまりαリポ酸は、糖分が脂肪となって蓄積されるのを防いでくれるというわけです。
しかし、.毎日αリポ酸を摂るだけで、理想のスッキリ体型が手に入るわけではありません。このことは、αリポ酸が入ったエサを自由に食べられる環境のもと行なわれたマウス実験でも証明されました。この実験では、αリポ酸の摂取のみのマウスは体重増加の抑制は少ししかみられませんでしたが、αリポ酸の摂取に加えて、1日10分の運動をしたマウスの体重増加は、著しく抑制されました。したがって、わたしたちが中年太りの解消やダイエット目的でαリポ酸を摂取する場合も、同じことがいえるのです。
ただサプリメントを飲むだけではなく、こちらのとおり運動を組み合わせることによって効果がアップします。
とはいえ、激しい運動をする必要はありません。それよりも、ウォーキングなど、無理なく20分程度継続できるような軽い運動がベストですサプリメントを摂取した直後、αリポ酸の血中濃度が高いうちに軽い運動をするのが最もよいタイミングです。
また、糖分や脂肪を燃焼させるには、脂肪燃焼の場としての、きちんとした筋肉をつけることも必要です。αリポ酸は、筋肉をメンテナンスして正常に保ったり、筋肉での糖の消費を増やす働きが認められています。これが、αリポ酸ダイエットがほかの食事制限ダイエットと違う点。筋肉を保ちつつ、糖分と脂肪をどんどん燃やすので、健康的にやせられます。

αリポ酸の最新ダイエット情報

αリポ酸に抗肥満作用があることが2004年アメリカの科学雑誌「ネイチャーメディシン」によって報告されました。この作用のうちのひとつは食欲を抑制する働きです。もうひとつは「褐色脂肪組織」を活性化する働き。「褐色脂肪組織」とは熱をだしてエネルギーを消費する組織です。したがってこの組織を活性化することで太りにくくやせやすい体質にするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください