「美肌効果」をよりアップささせるために

女性であればいつまで美しく健康的なキレイな肌でいたい…と思うのは自然です。αリポ酸の美肌効果をもっと高めるにはどんなことが必要でしょうか?リンパマッサージや肌にいいビタミンを摂取することを継続していくことです。

αリポ酸+生活習慣の改善

肌は、歯や目、骨などと同じように、年齢とともに老化します。肌の老化は、20歳を過ぎたころからはじまるといわれています。肌の細胞は、新陳代謝を繰り返すことにより、たえず新しく生まれ変わりま寸。ところが、年齢を重ねることによってこの新陳代謝のリズムが遅くなり、そのため肌の透明感やハリが失われ、シワやシミができてしまうのです。
αリポ酸は新陳代謝を促進したり、活性酸素を除去するので、肌のあらゆるトラブルから守ってくれるすばらしい成分です。
だれもが避けられない肌の老化。
αリポ酸を毎日摂取し続けるほかに、「紫外線対策」「睡眠をたっぷりとる」など、生活習慣の改善やお手入れしだいで遅らせることができるのです。

  1. ストレスをためない
    イライラや不安などの精神的ストレスや運動不足や過労などの肉体的ストレスは、肌にさまざまな悪影響を及ぼします。
  2. 適度な運動
    軽い運動は血行がよくなり、肌の新陳代謝を高めてくれますもまた、ストレス解消にも効果抜群。
  3. 日焼け対策
    肌の老化の大敵。年間を通した対策が必要。起床したらぐにUVクリームをつける習慣を。
  4. 睡眠
    睡眠中が一番肌の新陳代謝が活発。睡眠不足はくすみやたるみの原因になりま寸もまた不規則な生活も老化の原因に。
  5. 禁煙
    タバコのニコチンは、血液の流れを悪くするため、真皮(弾力やハリを保つ部分)の働きが衰え、シワやたるみを引き起こします。
  6. 無理なダイエット
    栄養バランスの偏りは老化の原因に。またダイエットを繰り返すことにより、肌が伸び、たるみやすくなります。
  7. 自分の顔をかがみでチェック
    鐘に向かってニッコリするだけで、お肌も表情もイキイキ。人に見られることを意識するとキレイになるから不思議です。

リンパマッサージで顔のむくみや肌あれを改善する

体は、血液と同じょうにリンパ管が網の目ように走っています。リンパ管を流れるリンパ液には老廃物を運ぶ働きがありますが、流れが悪いと老廃物がたまり、むくみやたるみ、肌荒れの原因となりま宅血液は心臓というポンプを使って、栄養を細胞のすみずみまで運びます。一方、リンパ液は心臓のようなポンプがなく、体を動かす筋肉がポンプの役割を果たしています。
そのため、筋力が低下してしまうと、リンパ液の流れが悪くなり、詰まりやすくなってしまうのです。これを防ぐためにも、リンパの流れに沿ったマッサージ「リンパマッサージ」を行なうことをおすすめします。リンパ液の流れを促進し、むくみやたるみ、肌荒れが解消され、ハリのある肌を保つことができます。

顔のリンパマッサージ

マッサージは必ず外側に向かって行います。親指以外の4本の指で行ないます。力を入れ過ぎると逆効果になることもありますので、やさしくさすってあげましょう。。オイルやジェルを使ってマッサージをするとさらに効果が高まります。

肌にいいビタミンで中からキレイに

αリポ酸が美肌効果をもつ理由のひとつに、強力な抗酸化作用があります。さらにαリポ酸は、肌にいいビタミンCやEなど、ほかの抗酸化物質の効能を高めるようにも働きます。ビタミンが肌にいい理由はたくさんありますが、肌の新陳代謝を促進し、肌の抵抗力や潤いを高めることで、シミやシワを防止し、肌を若々しく保つことができます。ビタミンの中でも、とくに美肌づくりに役に立つビタミンは、ビタミンC 、E、B群の3 つ。これらが不足すると肌の老化につながってしまいます。
毎日一定の量を摂取するためには、外食やインスタント食品を避け、できるだけたくさんの材料を使用して、バランスのよい食事を心がけましょう。

ビタミンC

  • ビタミンC
    メラニンの生成や活性酸素の害を抑えるよう働き、シミやくすみを防ぎます。また、コラーゲンの生成を活発にしてくれるので肌の潤いや弾力を与えてくれるビタミンです。
  • ビタミンE
    肌のハリを与え、シワや乾燥を防ぎまもまた、抗酸化作用で肌の老化を抑えてくれます。
  • ビタミンB群
    たんぱく質を利用できる形に変え、肌の細胞をつくりだし、キレイな肌を保つことができます。ニキビや吹き出物の原因である皮脂の分泌をコントロールする働きもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください