L-カルニチン、コエンザイムQ10、αリポ酸を一緒に摂ると効果抜群

αリポ酸、コエンザイムQ10、L-カルニチンの3つはどれもエネルギー産生を促して、脂肪の蓄積を防ぐ働きをもっています。つまり、どの成分も、ダイエットに効果があるというわけです。この3つの成分は、それぞれが違う役割分担で活躍しています。

たとえば、食物がエネルギーとして使われる際に、αリポ酸はおもに炭水化物の運搬を担当します。一方、L-カルニチンは脂肪の運搬に働きます。さαリポ酸は、ミトコンドリア内のTCA回路がスムーズに働くように助けます。
そして、次の電子伝達系で、コエンザイムQlはエネルギーを生みだすATP(アデノシン三リン酸)をつくる手助けをしていま。このように、それぞれが重要な働きを分担していますので、より強力なダイエット効果を望む場合にはは、この3つを一緒に摂ることをおすすめします。
なかでも、αリポ酸とL-カルニチンは脂肪燃焼作用が強いので、これらの中から選ぶとしたら、この2成分がいいでしう。また、コエンザイムQ10は抗酸化作用もありますので、αリポ酸と一緒に摂ることで美肌効果や老化防止、生活習慣病予防への効果もアップします。抗酸化パワーを重視するのであれば、αリポ酸とコエンザイムQ10。を選びのがいいでしょう。

食物は「解糖系」「TCA回路」「電子伝達系」を経て、ATP に変換されてエネルギーとなります。

  • αリポ酸の役割
    炭水化物がブドウ糖になり、プリビン酸になりますがαリポ酸はピルビン酸をアセチルCoAに変える手助けをする。
  • L-カルニチンの役割
    脂質が脂肪酸になったものを、また運動によって体脂肪が脂肪酸になったものをミトコンドリアに運びます。
  • コエンザイムQ10の役割
    電子伝達系でATPを助ける手助けをする。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください