αリポ酸をより効率的に摂取する

αリポ酸は体内でも微量につくられる

αリポ酸はもともt体内にある物質で体内でもつくられますがその合成量が非常にわずかです。この量だけでは糖をエネルギーに変える「糖の代謝促進作用」や「強力な抗酸化作用」といった効果を発揮するには十分な量とはいえません。

加齢によっても減少する

さらにαリポ酸の体内での合成量は、年齢がすすむにつれて次第に減少していきます。個人差もありますが一般的はピークが20歳前後で20代の後半からは減少の一途をたどります。
男女ともに20代後半から中年太りがはじまりますが、これは体内のαリポ酸酸濃度が低下してくることも大きな原因となっています。体内にαリポ酸が少ないので、若い頃と同じ量を食べてしまうと、エネルギーに変換されずに中性脂肪となって蓄えられてしまうわけです。
また、多くの女性の悩みの種であるシミやシワも、αリポ酸が減ることで、活性酸素を十分に消去しきれない結果により生じてしまうのです。したがって、老化や生活習慣痛、中年太りを防ぐためにも、とくに30代以降の人はαリポ酸を意識的に補っていくことが大切です。

食物から摂取できるαリポ酸の量はわずか

普段食事により口にする食物からも、αリポ酸を摂ることができます。ところが問題なのは、食物中にはごく微量しか含まれていないことです。αリポ酸を含む食物は、牛の内臓や、ほうれん草、ブロッコリー、トマト、グリーンピース、芽キャベツ「米ぬかなどがありますが、これらの食物だけでαリポ酸を補おうとすると、膨大な量を食べなくてはなりません。たとえば、ほうれん草からαリポ酸をたった1mg摂取しょうとした場合でも、約3kg(含水量量)も食べなくてはならないのです。これでは、必要量を食物から摂取するのは到底不可能なことになります。

αリポ酸はサプリで摂取する

αリポ酸は体内でも微量しかつくられず、食物からもほとんど摂取できません。しかし、αリポ酸が不足すると活性酸素を除去できず「生活習慣病や老化の原因にもなってしまいますので、やはりサブリで補うことが必要になります。αリポ酸は、1 日にサブリで約100mgを目安に摂取するといいでしょう。

αリポ酸酸をサブリで摂ると、約30% 程度が体内に吸収されると考えられています。したがって、吸収されずに排泄されてしまう分も考えて、1日に約100mgを補うことが適切となります。また、摂取した後は血液中のαリポ酸濃度が上がり、その後急速に摂取前の濃度に戻るため、1日数回にわけてサブリを飲むといいでしょう。しかし、あまり飲み方に神経質になるより、継続して摂り続けることの方が大切ですので、忙しい人は1度に摂ってしまっても問題ありません。

4つのタイプのサプリがある

  • ソフトカプセル
    コエンザイムQ10が配合のサプリに多いタイプ。品質を保持しやすい。
  • ハードカプセル
    αリポ酸の粉末をカプセルに詰めた。中身をださずにそのまま飲みます。
  • 錠剤
    αリポ酸サプリでは直径約5mm程度の小さく飲みやすいものが主流
  • 顆粒
    水と一緒に飲むタイプ。1包ごとにわかれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください