たんぱく質のごみ 出さない食べ方

たんぱく質のごみ 出さない食べ方について紹介します。たんばく質という栄養素は、肉類や魚、豆類などに多く含まれ、筋肉や皮膚、血液など、私たちの体のあらゆる組織・器官の材料になることは知られていますが、では、毎日の食事のなかでどのように摂取したらいいのでしょうか。

たんぱく質のごみ 出さない食べ方

たんぱく質のごみ 出さない食べ方

たんぱく質のごみ 出さない食べ方

たんぱく質の摂取ついては意外なほどに知られていません。「たんぱく質の補給では肉類が一番すぐれているのだと単純にそう思っている人も多いのかもしれませんが、そうとはいえないのです。

たんぱく質の材料となるのは、アミノ酸です。といっても、このアミノ酸は食事から摂取したたんぱく質が分解されたものですから、正確にいえば、たんぱく質がは細胞内で再合成されて、私たちの体の材料になっているわけです。

ただし、この再合成の過程で1つの問題が生じます。たんぱく質は、複数のアミノ酸が数珠つなぎのように連なった構造になっているため、うまく折り畳むことができないと、体内で活用できる「合格品」にならないのです。

そのため、「分子シャペロン」と呼ばれるたんぱく質のお世話係が登場し、絡み合ったたんぱく質をほぐしたり、うまく折り畳めないものを助けて畳み直したりする過程が必要になってきます。

とはいえ、完壁に折り畳みをサポートできるわけではありません。どうしてもできそこないの不良たんぱく質ができてしまうのです。

食事からたんぱく質を摂取しないかぎり、私たちは生命を維持することもできませんが、それは一歩間違えると、細胞内に無数のゴミ= 不良たんばく質が生じる原因になってしまうということです。

ある程度のゴミならば、オートファジーなどの細胞内リサイクル工場によって処理され、たんぱく質に再合成することができますが、ゴミの量がどんどんと増えてしまえば、当然のことながら処理が追いつかなくなります。

体にとって必要不可欠なはずのたんばく質が、逆に細胞の働きを鈍らせ、私たちの生命力を低下させることにもつながるわけです。

そう考えれば、たんばく質のゴミをあまり出さないことがいかに大切かわかるでしょう。結局、大事なのは食べ方なのです。もう少し具体的にいえば、「たんぱく質のゴミを出しにくい食べ方とは何か?」ということになります。

もちろん、こうした食べ方を実行することでゴミの量そのものが減っていけば、細胞内デトックスがよりスムーズに働きやすくなるからです。

体にとってなくてはならない栄養素でありながら、同時に細胞の働きを劣化させるゴミにもなるたんばく質の働きをクローズアップし、その賢い摂取法について紹介します。たんばく質と腸、細胞との関わりを理解することで、もっと理にかなったたんぱく質の摂取を行えるはずです。

たんぱく質

 

元気パワーを減退させてしまう 細胞内老廃物 について

30歳をすぎた頃に、急に体力の衰えを感じたり、あまり無理ができなくなり、以前に比べると体調を崩しやすくなってしまったという方のなかに、こうした経験をした人はどのくらいいるでしょう?そんな方たちにお届けする 細胞内老廃物 についての情報です。

細胞内老廃物

そこまでいかなくても、「疲れがなかなか抜けない」「やる気が出ない」「昔のようにアルコールが飲めなくなった」「肉を欲さなくなった」「集中できなくなった」という人は多いかもしれません。

これは仕方ないこなのでしょうか?年を重ねれば、誰もが少なからず経験することだとしたら、、40代、50代と年を重ねていくことで心身はどんどんと疲弊し、病気にかかる割合も増えていくはずです。

もちろん、ガンや生活習慣病のリスクも増すでしょう。最近では、認知症や脳梗塞のリハビリなどの心配をする人も増えてきました。老いていくことで体の機能が徐々に低下していくのは、確かに自然の摂理です。その分、様々な経験を積み重ねていくことで、体力の低下はいくらでもカバーできます。しかし、意欲に関してはどうでしょうか。

30 代ですでに「疲れがなかなか抜けない」「やる気が出ない」と感じている人が、十分な経験を積めるかというとそれは難しい話です。

本来、年をとろうがとるまいが、元気な人は元気であるはずなのに、いま社会を見渡すと、老若男女問わず、そうした元気な人の割合が減ってきているように思えます。

経済の問題も含め、暗い話題もずいぶんと続いています。この原因はいったいどこにあるのでしょうか?

ひとりひとりの「体」に目を向けることで、その答えが見えてくるはずです。ご存じのように、私たちの体は40兆〜60兆もの細胞によって成り立っています。この細胞のひとつひとつが元気に活動しているかどうか?これが私たちの若さと健康の基盤になっていること言うまでもありません。

細胞の内部には、私たちが活動するためのエネルギーを生み出すミトコンドリアという器官が点在しています。私たちが食べ物から摂取した栄養素や呼吸によって取り込まれた酸素は、最終的にこのミトコンドリアに運ばれて、エネルギーに変換されるのです。

ですから、細胞が元気であるということは、ミトコンドリアのエネルギー変換がうまくいっているということを意味します。そうした状態が続いていれば、年を重ねてもつねに元気で、意欲的なままでいられます。

いま元気な人がとても少なくなってしまっているのは、ミトコンドリアの活動を邪魔するものが、私たちの細胞に存在しているからです。それを私は、細胞内の「ゴミ」と呼んでいます。ゴミのたまった部屋で暮らしていたらそれだけで気分が悪いし、健康的ではないでしょう。

当然、活動するパワーも鈍ってしまいます。全身の細胞がそうした部屋と変わらない状態だったら、部屋の中にあるエネルギー装置(ミトコンドリア) はきちんと働くでしょうか?

細胞の健康を取り戻すためには、まずゴミだらけの部屋を掃除する必要がある。それが細胞内デトックスです。健康で若々しく生きることのカギは、この細胞内デトックスが握っているのです。

朝起きても疲れが抜けていないという人は、細胞のなかにたくさんのゴミがたまってしまっている証拠。このゴミを取り除いていかないかぎり、細胞は自由に働いてくれません。元気を出そうと思ってもなかなか出せないでしょう。少々怖い話ですが、たとえば脳の細胞にたくさんのゴミがたまったままだったら、それは認知症やアルツハイマー病などを発症させ、進行させる要因の1になります。

脳梗塞などの原因にもなるでしょう。また、細胞の老化につながっていくため、感染症のような病気にもかかりやすくなります。細胞自身のガン化、すなわちガンの発症につながっていくことも十分に考えられます。

細胞が私たちの体のすべてを構成している以上、その働きが鈍ることは全身の健康に影響を及ぼすのです。

αリポ酸の重要な働き

肥満診断 「 ウェスト ÷ ヒップ 」 肥満かどうかの診断を自分ですぐにできる

肥満診断 のやり方 「ウェスト ÷ ヒップ」 肥満かどうかの診断を自分ですぐにできる方法です。本当の肥満だと体にいろいろ問題が出てきますが、肥満ではないのに肥満だと思いこんでしまっている人もたくさんいます。肥満というのは、体脂肪が体重に対して3割以上を占めている場合です。

肥満診断「 ウェスト ÷ ヒップ 」 簡単なやり方で肥満度がわかる

「ウェスト ÷ ヒップ比」は、体脂肪の分布を評価するための指標の1つです。この比率は、特に中心性肥満(腹部に脂肪が蓄積すること)を評価するのに役立ちます。この比率が高いほど、中心性肥満の可能性が高まり、これは心血管疾患や2型糖尿病のリスクと関連していることがあります。

肥満には、リンゴ型と洋ナシ型があります。リンゴ型は内臓に脂肪が蓄積されることにより、ウェストが太くなり、結果、いろいろな疾患の原因になります。一方、洋ナシ型はヒップの方に脂肪が多くついてしまうタイプです。これは体力に余力があるという証明でもあります。

肥満の基準を出すにはいろいろな方法がありますが、日本で今までよく使われてきた、身長から100を引き、それに0.9を掛けて算出する標準体重は、正確ではないことが最近分かりました。

現在では、 BMI という体重基準が適用されています。これは、身長をメートルに換算したものを2回掛けて、そこに、さらに 22 ( 日本人の場合 )を掛けて標準体重を算出する方法です。

つまり、160センチメートルだと1.6を二乗し、それに22を掛ければ自分の標準体重が得られます。これのプラス、マイナス10% 以内であれば基準内とされています。
ただし、これでは骨がしっかりしている人の場合、オーバーしてしまいます。

そこで、余分な脂肪を測定する方法として、ウェストをヒップで割った数値が肥満の1つの目安として用いられています。
ウェスト÷ヒップ= 0.7が標準であり、これが0.85以上になると肥満となります。

この方呟だと、ウェストがかなり大きくて、見かけが肥満のようであっても、ヒップがウェスト以上にしっかりと大きければ、数値は小さくなるので問題ありません。

つまり、見かけで肥満か痩せかは決められないということです。逆に、

見かけはそれほど太っているように見えなくても、ウェストに脂肪がつき、ヒップが小さい場合、0.85以上の数字が出ることが多くあります。
これは「痩せの肥満」です。「痩せの肥満」は一見、ほっそりしていて、人にうらやましがられるが、実際は危険なプロポーションです。

実は、若い女性にはこれがかなり多く見られます。ウェストに対してヒップが小さいと、なぜいけないか。それは、ヒップに脂肪が多くついていないと、余分の体力が保たれていないということになるからです。
反対に、ヒップが大きいということは、病気などをした場合、体力を消耗しても、ヒップに蓄えられている脂肪分がエネルギーを供給し、体力を保たせるのに大きな役割を果たします。

かくれ肥満のための知識と肥満の減らし方なども参考になります。

アフリカでは、ヒップがいかに大きいかが美人の基準としているほどです。つまり、ヒップが大きいほど出産などが軽く、また、病気にもかかりにくいし、病気になっても治りやすいのです。

実際に、病院では、かなり重症の人であっても、ヒップが大きい場合、助かる率は非常に高いといわれています。体力に余力があるからです。反対に、ヒップが小さい場合には、それほど重症でなくても体力的に余力がないのでかなり危険視される場合があります。

では、ヒップを健康的に大きくするには、どのような方法があるのでしょうか。それには運動です。運動といっても過激な運動ということではありません。少し多目に歩けばよいだけです。運動をしないと、ウェストの方に脂肪分がつきやすい。反対に、よく歩けばヒップの方に脂肪分がつきます。その理由は、歩くことは足への負担が大きいから、それに耐えられるだけのエネルギーがヒップに蓄えられるからです。