自分ですぐにできる太っているかどうか?肥満の診断は「ウェスト÷ ヒップ」

本当の肥満だと体にいろいろ問題が出てきますが、肥満でないのに肥満だと思いこんでしまっている人もたくさんいます。肥満というのは、体脂肪が体重に対して3割以上を占めている場合です。

肥満には、リンゴ型と洋ナシ型があります。リンゴ型は内臓に脂肪が蓄積されることにより、ウェストが太くなり、結果、いろいろな疾患の原因になります。

しかし、洋ナシ型はヒップの方に脂肪が多くついてしまうタイプです。これは体力に余力があるという証明でもあります。

肥満の基準を出すにはいろいろな方法がありますが、日本で今までよく使われてきた、身長から100を引き、それに0.9を掛けて算出する標準体重は、正確ではないことが最近、分かりました。

現在では、BMIという体重基準が適用されている。これは、身長をメートルに換算したものを2回掛けて、それにさらに、22(日本人の場合)を掛けて標準体重を算出する方法です。

つまり、160センチメートルだと1.6を二乗し、それに22を掛ければ自分の標準体重が得られます。これのプラス、マイナス10% 以内であれば基準内とされています。
ただし、これでは骨がしっかりしている人の場合、オーバーしてしまいます。

そこで、余分な脂肪を測定する方法として、ウェストをヒップで割った数値が肥満の1つの目安として用いられています。
ウェスト÷ヒップ= 0.7が標準であり、これが0.85以上になると肥満となります。

この方呟だと、ウェストがかなり大きくて、見かけが肥満のようであっても、ヒップがウェスト以上にしっかりと大きければ、数値は小さくなるので問題ありません。

つまり、見かけで肥満か痩せかは決められないということです。逆に、

見かけはそれほど太っているように見えなくても、ウェストに脂肪がつき、ヒップが小さい場合、0.85以上の数字が出ることが多くあります。
これは「痩せの肥満」です。「痩せの肥満」は一見、ほっそりしていて、人にうらやましがられるが、実際は危険なプロポーションです。

実は、若い女性にはこれがかなり多く見られます。ウェストに対してヒップが小さいと、なぜいけないか。それは、ヒップに脂肪が多くついていないと、余分の体力が保たれていないということになるからです。
反対に、ヒップが大きいということは、病気などをした場合、体力を消耗しても、ヒップに蓄えられている脂肪分がエネルギーを供給し、体力を保たせるのに大きな役割を果たします。

かくれ肥満のための知識と肥満の減らし方なども参考になります。

アフリカでは、ヒップがいかに大きいかが美人の基準としているほどです。つまり、ヒップが大きいほど出産などが軽く、また、病気にもかかりにくいし、病気になっても治りやすいのでする。

実際に、病院では、かなり重症の人であっても、ヒップが大きい場合、助かる率は非常に高いといわれています。体力に余力があるからです。反対に、ヒップが小さい場合には、それほど重症でなくても体力的に余力がないのでかなり危険視される場合があります。

では、ヒップを健康的に大きくするには、どのような方法があるのでしょうか。それには運動です。運動といっても過激な運動ということではありません。少し多目に歩けばよいだけです。運動をしないと、ウェストの方に脂肪分がつきやすい。反対に、よく歩けばヒップの方に脂肪分がつきます。その理由は、歩くことは足への負担が大きいから、それに耐えられるだけのエネルギーがヒップに蓄えられるからです。

αリポ酸の肝機能向上効果

二日酔いも防止して翌日すっきり

肝臓にはには、有害物質の解毒作用をはじめとして、余分な糖質、たんばく質、脂質の分解や合成をする代謝作用、胆汁分泌を促して脂肪の吸収をよくする作用など、さまざまな重要な働きがあります。ところが困ったことに、肝臓はその機能が衰えても自覚症状がでにくい臓器としても知られています巧気づいたときには症状がかなり進行している場合もありますので、普段から注意しなければなりません。
αリポ酸は約40年前から、医薬品として肝機能の強化のために使用されてきましたので、その効果はお墨付きといえるでしょう。

肝移植をしなければ数週間の命と告知された重度C型肝炎患者に毎日αリポ酸を投与したところ、回復したという話もあります。ただし、現在サブリメントとして市販されているものは、医薬品ではありませんので、これほど強力な効果は見込めないでしょう。
しかし、日常的に摂取することで、肝機能を向上させる効果があることには間違いありません。
αリポ酸を毎日摂取していると、二日酔いになりづらくなるのは多くの方が実証済みです。仕事でお酒を飲まなければならないサラリーマンには必須のサプリメントです。

αリポ酸の糖尿病の免疫力強化効果

細菌やウィルスをよせつけず健康な体を保つ

人は誰でも体内に免疫システムを持っており、これによって外から侵入してくる細菌やウイルスに対抗しています。ところが、免疫力が低下するとこうした外敵から身を守れなくなり、当然いろいろな病気にかかりやすくなります。ちょっとしたことでも風邪をひきやすくなるでしょう。また、正常な細胞ががん細胞に突然変異してしまったりということも起こりえます。
つまり、「免疫力を保つこと」は「健康な体を維持すること」に同じ意味といっても過言ではないでしょう。
また、免疫システムはとても敏感に反応しますので、ストレスや不規則な生活が続くだけでも、すぐに低下してしまいます。
αリポ酸は、免疫力を強化する作用もある物質ですⅦ したがってこのように忙しくストレスフルな生活が続く現代人には、ぜひ継続的な摂取をおすすめします。

αリポ酸はそれ自体も強力な抗酸化物質ですが、さらにほかの抗酸化物質の効力を復活させるため、免疫細胞も酸化されずに守られるからです。たとえば、HIV陽性患者は免疫力が低下してさまざまな病気にかかってしまいますが、免疫力を高めてこれを食い止めるためにαリポ酸の研究が進められた経緯もあるそうです。病気知らずで元気に過ごすためにもαリポ酸が必要といえるでしょう。

αリポ酸の糖尿病の合併症対策効果

糖化たんぱくからできる活性酸素を強力に排除

食生活の欧米化に伴い、日本でも糖尿病患者が急増しています。厚生労働省の「平成14年度糖尿病実態調査」では、糖尿病の疑いの強い人が約740万人。糖尿病予備軍を合わせると約1620万人にも及び、今や国民病といっても過言ではないでしょう。血糖値の高い状態が続くと心配なのが合併症です。
αリポ酸はこうした糖尿病の合併症の治療薬として、30年以上もヨーロッパで使われてきました。日本でも、神経障害の痛みの緩和目的などで使われてきた物質で宅合併症を引き起こす原因のひとつに、活性酸素の影響があります。
血糖値が上昇すると、ブドウ糖とたんばく質が結合して「糖化たんばく」ができやすくなるのですが、これが体内の活性酸素を増やす結果につながります。したがって、合併症を防ぐためには、活性酸素を減らすことが重要。抗酸化パワーの強いαリポ酸は、最適なサプリメントです。

αリポ酸の疲労回復効果

title

毎日、仕事で残業や早出が続いたり、家事や子育てに追われたりしていて、たまにはゆっくり休みたいという人も多いでしょう。ところが、現実はそう都合よくいかないもの。結局、疲れをおして頑張らなければなりません。
αリポ酸は、こうした疲労を回復させて、もうひと頑張りしたいときなどに、たいへん効果があります。たとえば、肉体疲労時の栄養補給ドリンクとして有名な「リポビタンD」という商品がありますが、これには、かつてαリポ酸が配合されていました。
実は、リポビタンDの「リボ」は、「αリポ酸」の「リポ」からつけられたものなのです。同じく滋養強壮や肉体疲労に効く「チオビタドリンク」の「チオ」も、αリポ酸の別名「チオクト酸」の「チオ」からきています。現在、これらの商品にはαリポ酸のかわりに、比較的、安価で手に入るタウリンがが配合されていますが、もともとαリポ酸には、このように肉体疲労を取り除く働きがあります。その働きとは、αリポ酸が体内で糖とたんばく質が結合する「糖化」という老化反応を抑制する作用のことです。この作用のおかげで、糖分をきちんとエネルギーの材料として使うことができるわけです。疲れやすい人はαリポ酸を毎日継続して摂るといいでしょう。

αリポ酸の解毒排出効果

体内の不要物を排出する

コンビニやファーストフードなど、手軽で便利な食品があふれています。しかしこうした添加物が含まれる食品ばかりを食べていたり、大気汚染の影響によっても、体内には毒素がたまっていきます。さらに体内がこのような状態ですと、毒素が栄養の吸収を阻害してしまいます。これでは、どんなにバランスのとれた栄養を摂っても意味がありません。そこで最近話題になっているのが、「解毒」「毒素排出」という意味の「デトックス」という健康法です。
まずは、体内に蓄積された毒素をどんどん排出して、生活習慣病を予防したり、肌をキレイにしようというわけです。
αリポ酸は、こうした解毒作用にも優れていることが、さまざまな研究から明らかになっています。
ある微生物学者がキノコ中毒患者をαリポ酸を使って治療したところ、40名のうち39名が生き残り、死亡率を大幅に減少させたとあります。
なぜこれほど解毒作用に優れているのかといいますいおうと、それはαリポ酸が硫黄化合物だからです。
たとえば、ブロッコリースプラウトやかいわれ大根などビリッとくる味のものに硫黄化合物は多く、体内の解毒酵素を活性化させる働きがあるといわれています。αリポ酸を習慣的に摂って、体内の毒素をスッキリ流しましょう。

αリポ酸の老化予防効果

アンチエイジング作用で若さを保つ

αリポ酸はアンチエイジング効果でも注目を集めています。そもそも老化とは、体内の細胞が衰えることから起こります。これはαリポ酸が加齢にともない減少していくことからもわかります。したがって、サプリメントで補い続けることによって細胞レベルを維持すれば、老化を最小限に食い止めることが可能になります。老化現象のひとつに白内障がありますが、αリポ酸はは、目の中の抗酸化物質を守る働きをして、白内障予防に効果があるのではないかと考えられています。
ほかには、脳の老化予防に効く可能性もあるようです。
「血液脳関門」という、脳に通じる手前に関所のような部分がありますが、αリポ酸はこの関所を通過できる数少ない抗酸化物質です。そのため、脳内に直接到達して、神経伝達物質の酸化を抑制することが期待されています。また、αリポ酸の抗酸化作用は、脳卒中や心臓病などの老化病態の予防にも重要であるとされています。

αリポ酸は老化現象を防ぐ

  • 白内障予防
  • 脳の老化予防
  • 脳卒中予防
  • 心臓病予防

αリポ酸の動脈硬化予防効果

血液をさらさらにそして丈夫でしなやかに保つ

40歳以上の大多数に見られる動脈硬化は血管の老化現象です。これは、LDL(悪玉)コレステロールがたまって、血管の内側がどんどん狭くなり、動脈の壁も弾力を失い、硬くもろくなってしまうことをいいます。最近では不規則な生活や、食生活の乱れによって、20代からこうした症状がはじまっている人もいるそうです。まだ若いからといって健康に気をつかわず、無理な生活をしている人はとくに注意が必要でしょう。
動脈硬化をなぜ予防しなければならないのかといいますと、自覚症状がないためにそのままの生活を続けてしまいがちだからです。
これでは、そのうちに症状が進行して、心不全や脳卒中を引き起こす可能性もでてきてしまいます。
動脈硬化は、喫煙や不規則な生活習慣によって体内に増える活性酸素が、LDL(悪玉)コレステロールを酸化して、それが血管壁に付着することから起こります。ですから、これを予防するためにも、αリポ酸を摂取して体内の抗酸化ネットワークを強力に維持する必要があります。
αリポ酸の効能、効果には「老化予防」の項目がありますが、動脈硬化は、こうした老化現象の初期段階といえるでしょう。αリポ酸の抗酸化パワーで血液をサラサラに、血管をしなやかに保つことが、老化を防ぐベストな方法です。

LDLコレステロールが血管をダメにする

ではLDLは活性酸素によって過酸化LDLに変質し体に害を及ぼしてしまう原因になるのです。

αリポ酸のガン予防効果

有害遺伝子の活性化を抑制してがんを強力に予防

厚生労働省の人工動態統計によると日本人の死亡原因の第1位はがんで30.5%にも及んでいます。国民の死亡率のうちおよそ30%台もの人ががんにより死亡しています。国民の死亡率のうち、約3割ががんということになるともはやがんは喫煙者だけのものではありません。
国民全体で注意しなければなりません。
がんが引き起こされる原因として活性酸素の影響が指摘されています。これはまさにαリポ酸の働きが効力を発揮する大事な場面となります。
その強力な抗酸化作用で活性酸素を除去するのでαリポ酸はがん予防に非常に効果的といえます。
その強力な抗酸化作用で、活性酸素を除去するので、αリポ酸はがん予防に効果的といえるでしょう。
さらに、αリポ酸には、有害な遺伝子の活性化を抑制する働きもありますっもともと体内には、正常な遺伝子だけでなく、有害な遺伝子も存在しますが、これらは活性化しなければ何の問題も起こりません。それでは、どのようにして有害遺伝子が活性化してしまうのかといいますと、ここでも不規則な生活や食生活、ストレスなどによって0生まれる活性酸素が関係してきまま活性酸素は有害遺伝子を刺激して活性化させて、がん細胞を生みだします。
これが急速に成長して正常な細胞をむしばみ、がんが進行していくというわけです。αリポ酸は、このような有害遺伝子の活性化を抑制したり、強い免疫力再生能力があるため、がん予防や健康維持効果が期待されます。

αリポ酸の抗酸化作用

αリポ酸の3つの抗酸化作用

  1. 抗酸化力が強力
    ビタミンCやビタミンEの数百倍ともいわれる強力な抗酸化パワーで、活性酸素の害から身を守ってくれます。
  2. 体内のあらゆる場所で効果を発揮
    水にも油にもなじむ性質があるため、体のあらゆる場所で活性酸素を除去することが可能です。
  3. 他の抗酸化物質を再生
    ビタミンCやビタミンE 、コエンサイムQ10、グルタチオンなどの抗酸化物質の効力を復活させます

活性酸素を強力に除去

がんや生活習慣病、老化などの原因とも言われているが活性酸素です。不規則な生活やストレスなどによって体内には活性酸素が増加してしまいますが、これがいい細胞を酸化させサビつかせてしまいます。体をつくっているのは約60兆個の細胞ですので、その細胞が酸化されて衰えてしまうと、体のいたるところで不具合がでてくるのは当然のことです。
したがって活性酸素の害から細胞を守ることが健康を維持するための基本といえるのです。
活性酸素を撃退するには、もともと体内にある抗酸化酵素、スーパーオキシドジスムターゼSOD)だけでは間に合いません。さらにこの抗酸化酵素は20歳がピークでそれ以降ははどんどん活性が衰えてしまいます。ですから、がんや生活習慣病、老化などにもっとも注意しなければならない30代以降の人は、抗酸化力の強い物質を、とくに意識して外から摂取するようにします。
そこでおすすめなのがαリポ酸です。

活性酸素が増えるとは?

  • 電磁波を浴びる
  • 紫外線を浴びる
  • 空気の悪い環境に住む
  • 激しい運動をする
  • 過度の運動
  • インスタント食品を食べる
  • 喫煙
  • ストレス

活性酸素の弊害

  • アトピー性皮膚炎
  • 心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 脳卒中
  • 動脈硬化
  • 老化
  • がん
  • リウマチ
  • 脂肪肝
  • 子宮筋腫
  • 生理不順
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃潰瘍
  • 花粉症

αリポ酸は、ビタミンCやビタミンEの数百倍ともいわれるほど抗酸化パワーが強く、さらには、ほかの抗酸化物質の効力を再生させる働きもします。
また、活性酸素は体内のさまざまなところで細胞を攻撃しますが、αリポ酸は水にも油にもなじむため、体内のあらゆる場所でパワーを発揮できる可能性があります。こんなにも多彩な機能をもっているαリポ酸は、抗酸化物質研究の第一人者、レスター・パッカー博士にも「万能の抗酸化物質」として絶賛されています。